シモタファーム

シモタファームは、茨城県取手市にある農場です

 シモタファームは、農園内にラボをつくり「安心安全を科学で証明する」というのをモットーに、40年以上無農薬・無化学肥料の野菜づくりを続けています。
 そのビジョンは一農家を超えて、日本農業全体を見据えたもので、アジアなどからの農業実習生を受け入れて母国の農業普及にも積極的に貢献されています。

シモタファームの6っの約束

 自然のサイクルに逆らわず、土と真摯に向き合って、自信を持ってお届けする「本物」の野菜とハーブです。

1. 無農薬。無除草剤。無殺菌剤。化学農薬に頼りません
 生産性や効率を考えて、科学農薬や肥料に頼るようなことはしていません。
 生態系と共生していく、地球にも人にも優しい農業によって、元気いっぱいの健全な野菜づくりを実 践しています。
2. 肥料は自家製完熟堆肥で育てます
 微生物が活発に働く、良好な土壌環境を生みだす重要な鍵は堆肥にあります。
 「完熟堆肥」を使用し、質の高い野菜を育てるために最も適した土づくりを実践しています。
3. 低硝酸塩濃度で抗酸化力の高い、おいしい野菜を出荷します
 野菜に蓄積される硝酸塩の濃度に気を配ると同時に、堆肥や土壌を科学的に解析し、有害物質や 細菌などを厳しくチェックしています。
 そのこだわりを徹底していくことで、安全で、健康にもいい野菜づくりを実践しています。

4. 科学的分析データを基に野菜を栽培します
 野菜に含まれるさまざまな成分を独自の研究室で解析しています。
 また、第3者機関によるデータ分析も同時に行っています。
 そのデータを積み重ねていくことで、科学的にも立証された確かな野菜づくりを実践しています。
5. 旬の野菜を作ります
 自然のサイクルに逆らわず、太陽の光をたっぷり浴びて、滋養豊かな大地に育まれた野菜には季節 があります。
 シモタファームの野菜には、安全、健康、美味しさだけではなく、旬の喜びがあるのです。
6. 水をキレイにし、川をキレイにし、海を汚しません
 シモタファームの周りの自然には、川を泳ぐメダカ、水面を飛ぶカワセミ、夜にはフクロウ、そして蛍が戻ってきています。

"地力"のある畑から、人間と環境に優しく真に安全な野菜づくり

 霜多さんは、ヨーロッパ・中東などの海外を旅して学んだ独自の栽培方法で、消費者の健康を根本に考え、家畜糞や腐葉土、野菜残渣などを利用して堆肥を作り、毎日ハーブを中心に安全な野菜作りを続けています。
 現在は、生産者の想いや品質を理解して頂いているホテルやレストランなどを中心に出荷されています。
 また、霜多さんの人情味あふれる独特な性格は、多くの生産農家さんからも慕われ、おいしい野菜作りに関しての情報交換や勉強会を積極的に実施しています。


[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
2 商品中 1-2 商品を表示中


2 商品中 1-2 商品を表示中

最近チェックした商品