厄除け「頑固兜」風鈴

型番 YSP-00010
販売価格 1,389円(税込1,500円)
購入数


すがすがしい響きの頑固兜風鈴

 「一筆啓上 火の用心 お仙泣かすな 馬肥せ」
 徳川家康の無二の忠臣であった本多作左衛門重次が、長篠の合戦(一五七五)の陣中から妻に宛てた日本一短い手紙であり「火の用心」この文句も始めて世に出たと言われています。

 勇猛な武将「鬼作左」と呼ばれ、典型的な頑固者であり数々の合戦に出陣し、多くの手柄を立てました。その際多くの弾や刃に襲われましたのですが、その一つが頑固兜の左側に弾が命中したが、窪んだだけで大事に至らなかった事から災難除け「頑固兜」として、戦争中には各地の人から信仰される様になりました。

 取手市の夢スタジオ『ピン歩気』の店長 石井一彦氏が考案し、「作るからには本物を」と言う思いで岩手県にある南部焼の本場へと直接交渉に向かい“本物の技”と“幸せを思う願い”を小さな風鈴(約4cm)に込めました。



商品の詳細情報

商品内容 厄よけ「頑固兜」風鈴 1個、約4cm
原産国 日本

最近チェックした商品